• YOKO

PAPER

今日は材料となるペーパーについて。小さなギフトボックスやバッグを作る場合、適度に厚みがないとせっかく作ってもつぶれてしまうことがあります。


私が使っているのは、主にスクラップブッキング用のペーパーです。スクラップブッキングは、アメリカで始まったデコレーションアルバム(フォトアルバムのページ一枚一枚)を作るクラフトで、様々なメーカーから無地ペーパー、プリントペーパー、グリッターペーパーなど販売されています。そのほとんどがアメリカやオーストラリアなどの海外メーカー。国内では大きな文具店に置いてあることもありますが、スクラップブッキング ペーパーと検索すれば多くのネットショップが出てくるでしょう。ネットショップでは微妙な色が判断しづらいという難点はありますが、新製品や流行りの商品が手に入ります。



豊富な色数の中からしっくり合うものを選んで

スクラップブッキング用ペーパーのサイズは、一般的に12×12インチ(約30×30センチ)。ペーパーは、アシッドフリー(ペーパーを劣化させる酸を含まないという意味)なので、長期保存に向いています。ただ、紫外線に当たると徐々に色あせてくるので要注意。私はA4ファイルボックスにペーパーを立てて、戸棚の中に収納しています。









スクラップブッキング用の商品には、ペーパー以外にも、スタンプや画材、ステッカー、造花、金属や木製などの飾りがあります。カードや小さな作品でも、異素材を加えると華やかになるので、作品のテーマに合う飾りを探してみるのもいいかもしれません。


  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon

©  DESIGN THE DAY

All Right Reserved.

DESIGN THE DAYでは、ハンドメイドのギフトボックスやカードメイキングのアイデアを集めて掲載しています。